健診前の注意点

視力検査を受ける方へ

眼鏡やコンタクトレンズをお持ちの方は、必ずご持参ください。人間ドック協会の判定基準では、左右どちらかの視力が0.7以上であれば基準範囲内です。眼鏡やコンタクトを使用した状態でも、この基準を上回れば基準範囲内としています。眼鏡やコンタクトレンズを忘れて基準値未満となってしまい、再検査が必要になる方が多くいらっしゃいますので、ご注意ください。

血液検査を受ける方へ

血液検査を正確なものとするためには、12時間程度の絶食が理想です。それより短い絶食時間でも受けることは可能ですが、脂質や糖質などの判定に多少誤差がでます。食べたばかりのときには、脂質や糖質の検査が高くなりがちであり、基準値を超えやすいからです。なお、水や糖分を含まないお茶は、よく摂るようにしてください。絶食だからといって水分も摂らないでいると脱水になってしまうからです。

尿検査を受ける方へ

お小水が取れる状態でご来院ください。来院直前のお小水を控えたり、水分をよく摂ると、検査に十分な量の尿をとりやすくなります。また、検査直前の激しい運動はお控えください。激しい運動をした後は病気でなくても蛋白尿が出がちだからです。なお、蛋白尿がでやすい体質の人は、朝に尿を採取するとより正確に検査ができます。